プロタゴスクールとは|子ども・小学生のプログラミング・ロボット教室|プロタゴスクール
カリキュラムガイド

ロボット学習

Leaning Robotics

対象年齢:小学1~6年生

つくりたいものを形にする!
思い通りに動かす!

LEGO WeDoを使ってロボットを創り、
つくったものを実施にプログラミングして動かします。
画面上ではなく、実際につくったものが動く体験は、
日常的に触れているものに興味が湧きます。
つくったら終わりではなく、動かすまで
とことん追求できる発展的なモノづくりを目指すことができます。

こんな子にオススメ!

  • 01思ったことを形にする力が身につく!
  • 02物事に没頭する集中力がつく!
  • 03ロボットだけでなく、パソコンに触れられる!
  • 04自由な発想で自分だけのロボットが創れる!

主な使用ツール

プロタゴスクールで使用する教材の一部を紹介します。子どもの興味や習熟度に合わせて、教材をアレンジして使用します。
ロボットの完成形からどうすれば、うまく動くロボット作ることができるか自ら考えて制作していきます。
実際につくったものをパソコンでプログラミングして動かすことができます。

Unity(C#)
LEGO WeDo 2.0

レゴブロックを使ってロボットを作り、実際に動かすところまで楽しみながらプログラミングを学ぶことができます。

HTML / CSS
自由にカスタマイズ

はじめに与えられたモデルをつくったあとは、その技術応用して自分で考えたロボットを創り、動かして、最後に発表をします。

JavaScript
遊びではない学び

ロボットを作って終わりではなく、パソコンを使って、プログラムを自ら考え実装することができます。

ロボット学習の特長

プロも使うツール
自由な発想で取り組める

参考にするモデルを使いながら、自分が発想したことを形にして、動かすところまで実装することができます。

プロからのフィードバック
講師からのフィードバック

毎回、作った作品を講師及び一緒に学んでいる生徒に発表する機会があり、その度にフィードバックがもらえます。

カリキュラム専任のスタッフ
化学技術について学べる

慣性の法則やテコの原理など理科の授業で学ぶことが実際に体験しながら理解することができます。

作品事例

作品名:ロストロ・ラエス(中学2年生)
作品名:投石器(小学1年生)

弾性を使ってボールを投げるロボット。
なぜボールが飛ぶのかを考えながら、
実際にボールが飛ぶところまでこだわった作品です。

使用ツール:LEGO WeDoなど

作品名:バナカ二合戦(小学4年生)
作品名:ヘリコプター(小学2年生)

モーターを使ってプロペラが動くように設計したロボット。
アイデアを膨らませながら、ロボットを組み立て実際にモーターが作動する作品です。

LEGO WeDo

生徒の生の声はこちら

他のカリキュラムを見る

お気軽にお問い合わせ下さい

まずは、無料体験会にお越しください。
資料請求いただいた方には、パンフレット(PDF)をお送りします。

Webフォームはこちら

無料体験・資料請求のお申込み

体験に関するお問い合わせ

0120-990-080

受付時間:9:00-20:00

このページに関連する
おすすめコンテンツ