プロタゴスクール

プロタゴスクールの特徴

プロタゴスクールは 単なるプログラミング教室ではありません。 これからを担う子どもたちに 人生の羅針盤となる『考えるチカラ』を育みます。

私たちが定義する『考えるチカラ』とは 目の前の課題や情報を自ら発見し、理解し、表現するチカラです。

プログラミング学習を中心に下記の3STEPを通して『考えるチカラ』を育みます

STEP 発見する

『考えるチカラ』を育むためには、授業で指示されたことをただ早く正確に覚えるだけでは物足りません。これからの時代は「正解がなく、できる限り多くの人が納得する最適解」が重要になってきます。社会を見ても、何が正解か分からない社会問題はたくさんあります。そんな未来を担う子どもたちが、未来に対して課題を発見し、それを解決していこうとする姿勢が重要です。STEP1では、自然と「どうして?なぜ?」と前提から発見する授業をお届けします。

STEP 理解する

『考えるチカラ』を育むためには、物事の本質を理解することが重要になります。現代は情報が溢れる時代でチャンスもほとんど平等に与えられています。それにも関わらず、幸せになれる人、そうでない人が存在するのも事実です。その差にあるのが物事の本質を理解する能力です。これは日常生活で話している人の意図や背景を汲み取ることにも繋がります。STEP2では、たくさんある情報を自分の頭の中で理解し、必要なものを取捨選択することを学んでいきます。

STEP 表現する

『考えるチカラ』を育むためには、課題を発見し、物事の本質を理解しても、自分の感情や思考を表現しないことには身につきません。それらを伝える力こそ重要になってきています。いつの時代も表現が得意な人は決まっています。自己表現を繰り返している政治家、経営者、啓蒙家などです。日常的に表現をしていると自然とどうすれば伝わるかを考えるので磨かれていきます。毎回の授業の最後には、今日学んだ事を自分なりの言葉・形で表現してもらいます。