プログラミングプロタゴスクール子育て論

未経験がもたらすハンデ

投稿日:
未経験がもたらすハンデ。 多くの方々が気づいていると思いますが、 勉強やスポーツなど、どんな分野にも関わらず 「0回と1回」には大きな違いがあります。 我々の日常には色々な情報があふれています。 スポーツの話題から勉強・ビジネス・芸術まで、多種多様です。 そんな情報社会に生きている我々は全ての情報を理解し、インプットすることは不可能です。 「興味のあること、わかること」だけを取捨選択しています。 これは大人になればなるほど明確で、 特にわからないことには意識的に拒絶することも多々あります。 逆に知っていることや興味のあることに関しては、受動的に生活していても最低限インプットを得ることができます。 これは情報社会のメリットでもあります。 例えば、初めてスマートフォンを触る時にはちょっとしたハードルがあったかもしれませんが 一度慣れてしまうと、話題のアプリや新機能については自然と使えるようになっていたはずです。 例えば、英語が苦手な人にとっては 看板やポスターなどで見る英語はほとんど記号であり、何1つそこから情報を得ることができません。 しかし、一度英語を身に着けると 今まで理解をしようともしなかったことが、自然と理解できるようになります。 少し話はそれましたが、つまりほんの少しでも経験していたり、知っていることに関しては 自然とスキルアップすることができるのが現代社会です。 この情報社会をうまく利用するためには 吸収力のある子供の間に色々な経験を積んでいくことが大切です。 特に英語やプログラミングなど、ここ数十年単位で必要とされるスキルに関しては 優先度高く触れていくことが大切です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です