プログラミング

小学生がプログラミングを学ぶメリット

小学生がプログラミングを学ぶメリット まず大前提としてプログラミング自身が社会で生きるスキルであるというのは別の話で。 今回述べたいのは、プログラミング教育を「小学生の間に学ぶことのメリットは何か?」です。 よく論理的思考力が身につくなどは聞いたことがありますか、 実は小学生ならではの良い点がたくさんあります。 その中の1つを紹介すると 「子供の可能性を広げることができる」ということです。 みなさんも経験にあるかもしれませんが、 スポーツや習い事が将来的に職業やスキルとして活かすためには 幼少期から取り組んでいることが重要になってきます。 もちろん100%ではないですが、サッカー選手もプロ野球選手もそのほとんどが 小学生から取り組んでいる場合が多いです。 そしてスポーツや音楽とはまた別の可能性としてプログラミングがあります。 我々が小学生の時代には存在しなかったITスキルが社会でも必要とされ そのスキルを小学生の間に学ぶことができる。 そして得意・楽しいと思った子供達は 他の人よりも早くプログラミングに触れることで将来の可能性を広げることができます。 その他にも、将来プログラマーになる必要がなく、 書道やピアノのように、プロにならなくとも幼少期に触れいたことで 他にも活かすことができる。 このように幼少期にプログラミングを学ぶことにもメリットはたくさんあります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です