プログラミング

【宮崎執筆】小学生がプログラミング言語を学ぶ必要はない

小学生がプログラミング言語を学ぶ必要はない。 私はプログラミング教室を運営する代表の立場だが、 小学生がプログラミング言語(いわゆるPythonやJavaなど)を学ぶ必要はないと考えている 2020年から義務教育にプログラミングが加わることで、「小学生向けプログラミング教室」が盛り上がっている。 そして、親御さんの中には「義務教育になる」から、慌ててプログラミング教室を検索し、この記事にたどり着いたという方もいるかもしれない。 だとしたら、何となくで子供をプログラミング教室に通わせるのは待ってもらいたい。 この記事で書く小学生向けプログラミング教室の「私の見解」を読んでからでも遅くないと思う。 まず、なぜ義務教育にプログラミングが加えられたのだろう? これまでも様々なテーマが教育に加えられてきた。 「英語は筆記と読解だけでなく、会話を重視しよう」「ただ丸暗記するテストではなく考えるテストを!」など。 こういったテーマは我々大人からしてみると「社会で必要とされる実用的なチカラ」であり、教育に取り込まれることに何も疑問はないだろう。 むしろ、「日本の教育は遅れている!早期に取り入れるべきだった」などという意見もよく耳にする。 では、プログラミングはどうだろう。 IT革命と呼ばれる時代が終わり、 どんな会社でもWEBサイトをもち、就職活動もPCからエントリーシートを送り、小学生がスマートフォンを使いこなす そんなテクノロジーが身近になった今では「プログラミング学習」が教育課程に取り込まれることに疑問はない。 ここで私は問いたい「プログラミング学習」とは何か? それは考えるチカラ(論理的思考力)を身につけることであって、 決して「ある特定のプログラミング言語を使いこなせるようになる」ことではない。 これがタイトルにもある「小学生がプログラミング言語を学ぶ必要はない」という意味だ。 世の中にプログラミング言語は数多と存在する。 プログラミング言語の特徴は、一般的な言語(英語・日本語など)と似ている。 もしアメリカに出張することがあれば英語を使うし、ご近所さんと世間話をするときには日本語を使うだろう。 つまり一般的な言語の役割は「コミュニケーションを行うための手段」であり、時と場合によって使う言語は違う。 これはプログラミング言語も全く一緒だ。 機械学習ならPython、大規模なシステム開発ならJava、ExcelならVBAなど プログラミング言語の役割は「ITを使って何かを実現するための手段」であり、言語も用途によって多種多様である。 ただ、一般的な言語とプログラミング言語の大きな違いは「公用語」があるかないかだ。 プログラミング言語には英語のような「公用語」はなく、その言語の数は現在進行形で増え続けている。 そんな多種多様で増え続けるプログラミング言語の中から、小学生が「特定のプログラミング言語」を学ぶことに、価値はあるのだろうか。 その言語は今の小学生が大人になる10年後も通じる言葉なのだろうか。 きっと答えはNoだ。 1つのプログラミング言語をマスターすることで、他の言語の学習が容易になる。だから、10年後使われていなくても良い。 私もプログラマーであるからその意見には賛成する部分もある。 ただ、それはプログラマーを職業とする場合だけだ。 人格が形成され、今しか経験できないことがたくさんある小学生が「プログラミング学習」に使える時間は限られている。 ならば1つのプログラミング言語を中途半端にマスターしようとするのではなく、 プログラミングの根幹である「論理的思考力=考えるチカラ」を身につけるべきだと思う。 将来、仕事や夢にITが必要になったとき、どんなプログラミング言語でも習得できるような「考えるチカラ」こそが 小学生向けプログラミング学習のミッションである。 長くなったが、小学生向けプログラミング教室では「プログラミング言語」ではなく プログラミング学習を通して、「考えるチカラ」や「楽しさ」を習得できる教室を選ぶべきだろう。 プロタゴスクール代表 宮崎

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です